日本酒
焼酎&泡盛
梅酒&りきゅ〜る
ワイン
食品&酒器
吉田屋日記
配達・発送
アクセス・営業日

 

 

 焼酎

【小牧醸造】鹿児島県薩摩郡
 小牧醸造は鹿児島県の北西部、薩摩半島の北部にありますさつま町(旧宮之城町)
 に位置し、蔵のすぐ横には鮎やウナギ、山太郎ガニなどが獲れる一級河川の川内川が
 流れております。蔵の北方には霊峰紫尾山がそびえ、その紫尾山系の伏流水を汲み
 上げて小牧醸造の仕込み水に使用しております。風光明媚な土地に蔵を建てて
 おりますが、蔵は過去3回の水害に遭い、その度に皆様方に支えられ復興を遂げて
 まいりました。明治42年(1909年)創業の小牧醸造は、皆様方に支えられ今日も
 焼酎造りに邁進しております。

 
 小牧 古酒
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 芋、米麹
 【アルコール度数】 27.22度
 【容量・税別価格】 1.8L 3,500円 完売

 
蔵出し限定900本。
 長らく販売を中止していた「古酒 小牧」が、水害から10年目の節目に
 再販売決定。この焼酎は2006年(平成18年)7月の大水害の直後に造ったもので、
 10年古酒としてわずかではありますが、製品化に至りました。


 
 小牧 古酒 原酒
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 芋、米麹
 【アルコール度数】 37.9度
 【容量・税別価格】 1.8L 5,000円 
完売

 
蔵出し限定900本。
 
長らく販売を中止していた「古酒 小牧」が、水害から10年目の節目に
 再販売決定。この焼酎は2006年(平成18年)7月の大水害の直後に造ったもので、
 10年古酒としてわずかではありますが、製品化に至りました。


 
 夏の小牧
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 ジョイホワイト(白麹)、紅さつま(黒麹)
 【アルコール度数】 25度
 【容量・税別価格】 1.8L 2,600円 720ml・1,300円

 「ジョイホワイト」を使用した白麹仕込みの焼酎と、「紅さつま」を使用した
 黒麹仕込みの焼酎の原酒同士を5対5でブレンドして、25度まで加水して仕上げた
 夏酒です。

 香り高く、軽快な飲み口は、ロックや水割りで一層と涼を生み、キリッと引き
 締まる味わいです。


 小牧 鴨神楽
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 黄金千貫、米麹(白麹)
 【アルコール度数】 25度
 【容量・税別価格】 1.8L 2,800円
完売 900ml・1,561円

 合鴨米(田んぼに合鴨を放ち無農薬無肥料で育てた米)を米麹に使用した
 まろやかな味わいの焼酎です。昨今、さつま町近隣の合鴨米生産契約農家の
 減少に伴い、焼酎の生産数量が限られているため、現在では夏から秋にかけ
 年に1回の販売とさせて戴いております。


 一尚(いっしょう) シルバー
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 芋、米麹(黒麹)
 【アルコール度数】 25度
 【容量・税別価格】 1.8L 2,657円 720ml・1,409円

 爽やで軽やかな香りの中に、香ばしさと綺麗な甘味があり、気品ある
 味わいが特徴です。

 2009年の創業100周年を記念して造られた焼酎で、麹菌と酵母菌には100年前から
 培養分離され現存するものを用いてます。この焼酎の名前は、小牧兄弟(小牧一徳、
 小牧尚徳)の名前の頭文字をとり、「一尚」=「一生」お付き合いして頂くよう
 思い込めた銘柄です。


 一尚(いっしょう) ブロンズ
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 芋、米麹(白麹)
 【アルコール度数】 25度
 【容量・税別価格】 1.8L 2,657円 720ml・1,409円

 柑橘系の爽やかな香りが漂う、スッキリとした飲みく口の焼酎です。
 「一尚 シルバー」が100年前の麹菌と酵母菌を使用したのに対し、
 「一尚 ブロンズ」は、次の100年を見据えて新たな取組として、
 酵母菌にビール酵母を使用して仕込みました。


 紅小牧 かめ仕込み
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 紅さつま、米麹(黒麹)
 【アルコール度数】 25度
 【容量・税別価格】 1.8L 4,285円 720ml・2,142円完売

 甘くてやさしく、またフルーティーですっきりとした味わいの焼酎です。
 先代社長の小牧世津子が、女性のために甘くてフルーティーな焼酎を
 ということで2001年に造り始めました。


 小牧 かめ仕込み
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 芋、米麹(黒麹)
 【アルコール度数】 25度
 【容量・税別価格】 1.8L 2,457円 900ml・1,371円

 甕仕込み特有の深みあるまろやかな味わいと、黒麹による芳醇な香りが
 漂う本格派の芋焼酎です。

 蔵の名前を銘柄として製品化した焼酎では、鹿児島の焼酎蔵で初めてと言われる
 「小牧」。1993年、蔵の代表銘柄となっていくよう生産数量を増やしていき、
 現在では生産量が最も多い銘柄となりました。


株式会社 吉田屋 多治見支店