日本酒
焼酎&泡盛
梅酒&りきゅ〜る
ワイン
食品&酒器
配達・発送
アクセス・営業日

 

 


2019年8月のお休み 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

黒色=通常営業日
   (9AM~8PM)

青色=短縮営業日
   (10AM~7PM)

赤色=休業日


 葛g田屋多治見支店
 〒507-0027
 岐阜県多治見市上野町
 3丁目113番地
 TEL 0572-21-1059
 FAX 0572-21-1061


 【入荷情報】
 2019.8.23 陸奥八仙 ひやおろし 緑ラベル 特別純米 (青森・八戸酒造)
 2019.8.23 鳳凰美田 ひやおろし 純米吟醸 山田錦 (栃木・小林酒造)
 2019.8.23 鳳凰美田 ひやおろし 純米吟醸 五百万石 (栃木・小林酒造)
 2019.8.23 赤武 ひやおろし 純米 (岩手・赤武酒造)
 2019.8.23 晴耕雨読 貯蔵十五年 (鹿児島・佐多宗二商店)
 2019.8.13 千峰天青 雄町 純米吟醸 (神奈川・熊澤酒造)

 陸奥八仙 ひやおろし 緑ラベル
  特別純米

 【蔵元】 青森県八戸市・八戸酒造
 【酒度】 +0
 【酸度】 1.2
 【酒米】 麹米:華吹雪 掛米:まっしぐら
 【アルコール度数】 16度
 【精米歩合】 麹米:55% 掛米:60%
 【容量・税別価格】 1.8L・2,800円 720ml・1,500円

 上品で花の蜜のような甘みのある香り。綺麗に熟成されており甘味・酸味・
 渋味のバランスも良くまろやかで、しっかりとした旨味を堪能出来る味わいに
 仕上がっております。

 鳳凰美田 ひやおろし
  純米吟醸 山田錦
 【蔵元】 栃木県小山市・小林酒造
 【酒度】 +0
 【酸度】 非公開
 【酒米】 兵庫県西脇産 山田錦
 【アルコール度数】 16度
 【精米歩合】 55%
 【容量・税別価格】 1.8L・3,200円

 約半年間の熟成期間を経て、絞りたてのフレッシュさがある時期のお酒とは
 異なる、 落ち着きと、やわらかさと、じっくり楽しめる旨味があります。


 鳳凰美田 ひやおろし
  純米吟醸 五百万石
 【蔵元】 栃木県小山市・小林酒造
 【酒度】 +3
 【酸度】 非公開
 【酒米】 富山県南砺産五百万石
 【アルコール度数】 16度
 【精米歩合】 55%
 【容量・税別価格】 1.8L・3,000円

 夏の間、涼しい酒蔵で味わいを深め、程良く熟成された酒を二度目の火入れを
 行わずに瓶詰め。低温でじっくり熟成させたことによる落ち着いた吟醸香と、
 お米の柔らかい旨味を感じます。五百万石のフルーティーな香りをゆっくりと
 空気に触れさせながら、ふっくらとした味わいをご堪能ください。


 赤武 ひやおろし 純米
 【蔵元】 岩手県盛岡市・赤武酒造
 【酒度】 非公開
 【酸度】 非公開
 【酒米】 岩手県産米
 【アルコール度数】 15度
 【精米歩合】 60%
 【容量・税別価格】 1.8L・2,600円 720ml・1,300円

 テーマは「癒しの食中酒」。食欲の秋、実りの秋、食事を美味しく召し上がる為、
 ドライ、かつ爽やかな酸、キレを求め挑戦しました。

 キーワードは
 @ ほのかな香りがある事。
 A 秋の食材とのペアリングを考えた酸を感じる事。
 B ドライな酒質とキレがある事。
 C ぬる燗で楽しめる事。
 D 疲れた体を癒す優しい仕上げにする事。


 晴耕雨読 貯蔵十五年
 【蔵元】 鹿児島県南九州市・佐多宗二商店
 【種類】 芋焼酎
 【原材料】 さつま芋(鹿児島県産黄金千貫)、米麹(白麹、国産米)
 【アルコール度数】 37〜37.9度
 【容量・価格】 1.8L・12,108円 720ml・5,328円

 「晴耕雨読」が発売され20周年の記念として発売された限定熟成焼酎。

 蔵としては「貯蔵二十年」を発売したかったそうですが、蔵に貯蔵されている
 一番古い晴耕雨読が15年貯蔵だったそうです。

 熟成する事でしか楽しめない本当の焼酎をお楽しみ頂けます。


 千峰天青 雄町 純米吟醸
 【蔵元】 神奈川県茅ケ崎市・熊澤酒造
 【酒度】 +2.3
 【酸度】 1.8
 【酒米】 雄町
 【アルコール度数】 16度
 【精米歩合】 50%
 【容量・価格】 1.8L・3,300円 720ml・1,800円

 作家の陳舜臣氏が、中国で幻の青磁とされる「雨過天晴」から命名した
 「天青」は、湘南の空のような突き抜けるような涼やかさと、潤いに満ちた
 味わいがあります。丹沢系の伏流水使い、自社で育った湘南杜氏が醸します。

 雄町の特徴的なボリュームのある旨味が口の中で膨らみます。
 その後サラサラとした透明感がでて、後キレよく過ぎ去ります。
 最初の雄町らしい旨味のあとはさっぱりとした後口です。


フェイスブックでも更新中です!